07年度合格に向けての日記です。応援してくださいね!


by coolbeauty0801
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

解答速報

1月28日は試験日だった。友人から27回の解答速報を送ってくれたので自己採点すると…10点!合格ライン11点なのに10点。不合格!?
以下解答。

問1:③波長が長くなると,地表面の氷の反射率は急激に低下する性質がある。
↑これは私は不正解。『長波放射かを問う問題。(赤外線の放射を長波といいます。余談だが,今回の試験にはでてこなかったけど,可視光線や紫外線は短波放射といいます。虹は可視域。知っておくと便利★)風が弱い晴天の夜間には,放射冷却で地表付近が冷えるが,全天を覆う雲がある場合,上層雲のみでも下層雲のみでも地表付近の冷却は同程度に押さえられる。』これが迷った。風の弱い晴天の夜間には放射冷却…という言葉で地球放射(赤外放射)かと思ったが,答えは×でした。
問2:②
問3:⑤

問4:②

問5:②



問6:④

問7:④
地衡風のバランスの問題。これは地衡風の向きとコリオリはどこに向かって吹いてるか分かったら分かる簡単な問題だった。ちなみにコリオリ力は高緯度にいくほど最大になる。高校数学の数Ⅰで習う単位円。コリオリ力がSIN@と覚えたら簡単。
問8:④
積乱雲による雷雨とそれに伴う現象について述べた問題。これは単一セルの雲雷の寿命が分からなかった
問9:① 
地表面付近の空気塊を断熱的に持ち上げた時上向きの運動エネルギ~を求める問題。これも簡単な問題。エマグラムをみて下から最初の交点が凝結高度。雲底はここ。今回の問題にはでなかったけど,よくでる問題が自由対流高度か?と問われたり,雲頂と問われる。さて,問題より上向きの力は浮力で上がる自由対流高度。これは複雑な計算もなく,暗記をせずできる点取り問題だと思うので押さえた方がいいんじゃないかな?。
問10:①
これは私は×だった!エルニーニョが解けなかった。


問11:③ 

問12:⑤

問13:②

問14:⑤

問15:②
これは×。悲しくも法律は4問中一問落としちゃった。災害対策基本法の目的。これは丸っと覚えたらいいとおもった。


以下皆さんはどうでした?私の場合,授業は必死だったけど,毎日は勉強したりしなかったりで本腰いれたのが一か月きってから。週二回20時間一日10時間勉強してトータル204時間で,ノート整理と単語帳と問題演習にかかりました。過去問14回分の過去問に二日。

試験直接でとれる最低ラインギリギリの勉強法だと反省。次は早めに準備しようと思う。

P,S
試験会場で20回受験してるおじいさんに話かけられた。曰く,試験受けたらハマッてしまって抜け出せないそうだ。五回で見切りつけなさいと言われた。
どの受験会場にも主っているもんですね~
[PR]
by coolbeauty0801 | 2007-01-30 04:42